左パネル

  • ショッピング
  • Pickup Item
  • Look Book
  • Blog
  • 店舗情報
  • マイページ
  • help
  • Shopping Cart


こんにちは
staff Aです

今日はロイヤルコペンハーゲンについてお話したいと思います


ロイヤルコペンハーゲンと言えば
この白磁にブルーのラインの”ブルーフルーテッド”を思い描く方が多いのではないでしょうか
最近ブラックのラインも出ましたが、
このブルーが特徴的ですよね
1775年の創業からずーッと作り続けている
定番中の定番ラインなんです


次はこちらをご覧ください


凹凸があり、微妙な色づかい
同じブルーでも随分とニュアンスが違いますね

でも、見てお分かりの通り
王冠に3本の波線
こちらもロイヤルコペンハーゲンのものなんです

時は戻りまして1958年
ロイヤルコペンハーゲン社は当時アルミニア窯で製作している時代でした

アートディレクターのニルス・ト-ソンは
各国から6人の若い女性を集めました

それがこの6人です




ニルストーソンとこの6人の女性はファイアンスという低温で焼成する製法を編み出し、
大胆なデザインに加え、豊富な色彩を表現した作品を作るようになりました
それが【Tenera(テネラ)】です
テネラとは英語のテンダー(tender=柔らかい、優しい)の原型に当たるラテン語の女性形です


早速作品を見ていきましょう




この2つは同じピッチャーですが微妙に色が違います
何種類もの釉薬を使ってこのような作品が出来上がっています
Teneraの特徴をふんだんに再現した作品です

ちなみにこれはBerte Jessenの作品です

実は先ほどご紹介したデザイナーの写真右上に謎のマークがありましたが
それぞれの作品にこのマークが施されているので
どのデザイナーの作品なのかがすぐにわかるようになっています



こんな感じです
BJのサインがありますね


ちなみにこのシリーズのシュガーポットもあります

非常に貴重なシリーズですので
是非店頭でご覧下さいね
テネラはお花や鳥のモチーフの華やかな色合いの作品が多いそうですよ


さて、ニルス・トーソンはファイアンスで別なラインも創り出しました
それが【BACA(バッカ)】です

色鮮やかに彩られたテネラと違い、
バッカはベージュやブラウンをベースとした落ち着いた色合いのものが多いようです

その代表的なデザインがこちら


ニルス・トーソンといえばこの作品、とも言えるかもしれません

同じくBACAのタイルを使った珍しいチェストもあります


正方形のタイルと長方形のタイルを組み合わせて作った
ローズウッドのチェストです

初めてのスタイルで、こちらもとてもレアなものとなります

実は店頭には、このチェストに埋め込まれているタイルもあるんです


ブラックとイエローがめずらしい正方形のタイルです

このコーヒーテーブルに埋め込まれているのは、このタイルになります



また、他にもこんな鳥さんが描かれたタイルもあります

このタイルを使った家具を見たことがないのは…
上下が決まっているデザインの為に使いにくかったのかしら…
なんて、真相は分かりません
本当は使われている家具があるのかもしれません

ちなみにBACAはこんなバックスタンプがあります


円のようなデザインが特徴です
生物は循環するという意味も込めて円にしているという説もあります
真中に描かれているのはニルス・トーソンのサインです

ちなみに左側にある数字はシリアルナンバーではありません
『パターン/型番』です
土のフォルムのどんなデザインなのかが管理されていたのですね

もう少しお話したいところではあるのですが
本日はこの辺で


今回載せている作品はWEB掲載されていないものもあります

気になるものがあった方は
お気軽にお電話やメール、インスタグラムのDMでお問合せください

店頭でのお問合せも、お待ちしております


【3DAYS Scandinavia & BOLIG 営業時間のおさらい】
●平日 12-19時
●土日祝日 11-19時
*臨時休業、時短営業日はインスタグラムのストーリーズにて随時お知らせいたします
Instagram(インスタグラム):@3DAYSSCANDINAVIA_SENDAI




  •   COLORS.LTD カラーズ 会社のホームページはコチラ↓↓↓

Go To Pagetop

BY noriko niinuma | 2023-03-11 11:00:00 | 北欧ヴィンテージ家具 テーブル, ROYAL COPENHAGEN


こんにちは
staff Aです

本日はロイヤルコペンハーゲンのタイルテーブルに焦点を当てて
ご紹介したいと思います

わたくし、42年生きておりますが、
(知っているとは思いますが店長の口癖です。私も同い年です)
ロイヤルコペンハーゲンのヴィンテージに興味を持ち始めたのは
30代後半だったかと思います

若いころは目にも入らず、
いや、目に入っていたのですが、良さがイマイチわからなかったんです

あの頃の私に教えてあげたい
ロイヤルコペンハーゲンの素晴らしさと奥深さを…

なので今、全年齢層のみなさんにお伝えしたいと心より思っています



BACAのブラックとイエローが鮮やかなタイルが使われたテーブルです
同じくBACAのフラワーベースと
200周年の記念マグを置いてみました



柄の入っている正方形のタイルの周りにある小さいタイルたちも
ロイヤルコペンハーゲンで作っているんですよ

これらのタイルをもし剝がすなんてことがあれば
裏には全てロイヤルコペンハーゲンのバックスタンプがあるはずです



こちらのテーブルは珍しく引き出しが付いています
持ち手が真鍮で、ローズウッドのかっこよさを引き立てていますね

こちら、サイズはW130×D65×H52㎝です




こちらもBACAのタイルテーブル
前回は円形のものが入荷していましたが
今回はスタンダードな長方形で
サイズはW113.3×D74.2×H55.5㎝です

植物とも相性の良い色合いです
デンマークのテーブルにスウェーデンアイビーを合わせてみました
(アロマティカスもあります。ここに来ると良い香りです)




見れば見るほど不思議なデザイン
勝手に花火やヒトデと呼ばせていただいています
(抽象的なものなのだとは思いますが、
何がモチーフなのかニルス・トーソン先生に聞きたいですよね)




そしてこちらは、長辺に沿ってBACAの細長いタイルが埋め込まれているタイプ
私はお目にかかるのは初です

サイズはW115×D62.5×H50.3㎝
少し角が丸みを帯びていますね
和室にも合いそうな雰囲気です

こちらにはビヨンさんのシンフォニーのマジックジャーとグリーンを合わせてみました
デンマーク×デンマークの組み合わせです




このタイルもとても人気がありますよね
ブラウンとブルーの配色がとても綺麗です



こちらのテーブルは木の組み方がとても珍しく、
脚の中心、天板との間に空間があるんです

どうなっているのか気になる方はぜひ店頭でしゃがんでみてくださいね
天板の交互になる木の組み方も素敵ですよね
デンマークの家具は細かいディテールに注目するのもとても楽しいですよ



新築等でテーブルを新たに購入する方はもちろんですが
買い替え等で新たにロイヤルコペンハーゲンのテーブルを
お迎えるのも素敵なのではないでしょうか?

暮らしが変わること間違いなしです

Royal Copenhagenのタイルテーブルと過ごすみなさんの暮らし
是非おしえていただけたらなぁと思います

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・--・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-



ご紹介した3点のテーブルはWEBにも掲載しております
詳細をご覧になりたい方はインスタグラムのDMやメール等で
お気軽にお問合せくださいませ


-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・--・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-



3月は、休店日・時短営業無しの予定です
臨時の場合は、インスタのストーリーズでご案内いたしますので、よろしくお願いいたします





【営業時間のおさらい】
●平日 12-19時
●土日祝日 11-19時
*臨時休業、時短営業日はインスタグラムのストーリーズにて随時お知らせいたします
Instagram(インスタグラム):@3DAYSSCANDINAVIA_SENDAI




  COLORS.LTD カラーズ 会社のホームページはコチラ↓↓↓

Go To Pagetop

BY noriko niinuma | 2022-09-09 21:00:00 | 北欧ヴィンテージ 陶器, ROYAL COPENHAGEN


こんにちは
staff Aです!

仙台はすっかり秋模様ですね

秋がやってくると何故か目に留まるものの一つ

Royal Copenhagen

落ち着いたデザインとフォルムが、
初秋の気持ちを動かしてくれるのかもしれないですね

9月は”秋コレ”と称しまして、秋にピッタリのものを紹介していきたいと思います

ロイヤルコペンハーゲンは1775年創業
現在に至るまで、多くの窯や工場を統合して成長してきました

実はロイヤルコペンハーゲンのヴィンテージ品の中には
バックスタンプに「A」のようなサインが見られるものがあります

これは1882年にアルミニア社がロイヤルコペンハーゲン社を
買収したことが背景にあります

アルミニア社は買収をしたのもも、
ロイヤルコペンハーゲンの名を残したままにしたんです
なので、バックスタンプが数種類あるんです


アルミニアのバックスタンプ

さて、時代は飛びまして1933年
14歳よりロイヤルコペンハーゲンで修業を重ねた
ニルス・トーソンがアートディレクターに任命されたことが
ロイヤルコペンハーゲンの飛躍のつながる第一歩だったのだと思います

そしてファイアンスの特徴、色彩や絵柄を強みにして生み出されたのが
TENERAとBACAシリーズです
(ファイアンスとは陶器の製法の一種です)


では店頭にあるTENERAのご紹介を



TENERAのベス・ブレイェンのCrazy Bird の陶板

ニルス・トーソンの1975年のannual MUGと共に
(サラッと書いていますが、とても貴重な作品です)



マリアンヌ・ジョンソンのプレート

どれもブルーをベースとして、女性のデザインらしい色鮮やかで華やかな作品となっています
華やかではありますが、落ち着いた雰囲気ですので
この秋の始まりの季節にもピッタリですね

どの作品もすべて手作業のものなので、
一つとして全く同じというものはありません


TENERAは数多くの作品が生み出されていますが
昨今、なかなか手に入りにくくなっているような気がします

好みの作品に出逢ってしまったら
お迎えする方がいいかもしれないですね


そして、TENERAの後に展開されたコレクションがBACA(バッカ)です

こちらはニルス・トーソンが自分でが手がけた作品になります
ジョアンヌ・ゲァバー、エレンマルマーも共同で作業しています



このフラワーベースはニルス・トーソンによるものです



フラワーベースのバックスタンプを見てみると、環形の模様があります
これはBACAシリーズについているもので、
生物のサイクルを表していると聞いたことがありますが
調べてみてもなかなか出てこないのです
中に書いてあるのはニルスのサインです

また、ご存知の方も多いかと思いますが、
左に書いてある数字
シリアルナンバーではありません
下の3259はこの作品もフォルム
上の719はデコレートデザインの番号となっています
(BACAは700番以降の数字です)

また、PHと書かれているのはペインターのサインです
同じ作品でも作った方が作ると表情も変わってきそうですよね


お持ちの方は、是非バックスタンプも見てみてくださいね
バックスタンプでひと盛り上がり出来てしまいますよ



次は大物をご紹介しましょう




 
これはBACAのタイルを埋めこんだタイルテーブルです
タイルのデザインはニルス・トーソン

ロイヤルコペンハーゲン社で作られたタイルを使い、
当時とても有名だった家具メーカーのHaslev社がテーブルを作り上げている、
ダブルネームの作品になります

こちらももちろん、一つ一つ表情が違っているので、
同じ型のテーブルが入荷したとしても
別のもののように感じてしまいます

BACAはTENERAと比べて色彩は少ないものの、
大胆に描かれたお花や鳥、魚など
ユニークなデザインが特徴です

そしてシックな色合いが、北欧の照明や家具にとてもマッチするのです

Royal Copenhagenのヴィンテージ品というとスペシャルなもので、
取り入れるのが難しいかな、と思われる方でも大丈夫です

スペシャルだからこそ、お部屋になじみつつ、際立ってくれるんです

この秋、初めてのRoyal Copenhagenを
ご自宅に取り入れてみませんか?

もちろん、すでにお持ちの方も、新たな作品を追加して
豊かな気持ちで過ごすおうち時間を楽しみましょう!



さて、9月は29日が休店日となっております

平日の時短営業日は7日(水)、21日(水)、28日(水)で
11時から15時までの営業となっております

お越しの際は、カレンダーをブログやインスタグラムで
チェックしてくださるようお願いいたします




Go To Pagetop


素敵な出逢いがありました。

今までにもいろいろなデザインでご紹介してきました、ロイヤルコペンハーゲンのタイルテーブル。

今回は、初めてのラウンドが見つかりました。

こちらのテーブルはすでにSOLDなのですが、あまりにも素敵なので記録的にこちらに残したいと思います。

直径110㎝です。







1枚1枚のタイルをじっくり見ていくと、釉薬の出方が違って興味深いのです。








脚のデザインも、今までに見たことが無いスタイル。





スッキリしていて、ラウンドの雰囲気になじんで、素敵ですね。






このパターンのデザインも、出会う機会が少ないので、質感を撮ってみました。

やっぱり、色ごとに焼成温度が違うんですね。




さて、気になる座って使う時のイメージですが・・・





ソファーに座って膝上なので、コーヒーを飲む時に手が届く高さ。

床に座らずにきちんと過ごすことが出来ます。


ご購入の際、このテーブル、ダイニングテーブルにしたくなったらできるでしょうか?という話題に。

実は、つい先日、系列店OPEN THE SESAMEでタイルテーブルをご購入いただいたお客様に、

ダイニングテーブルの高さの脚を製作する、というミッションをクリアしていますので、形を相談して、

製作可能だと思います、とお答えしています。


ゆくゆく、いずれ、高さを変えて使う事が出来るよ、という話題も、ヴィンテージ家具好きの間では

よく出る話題です。


ライフスタイルの変化を、家具の使い方の見直しで楽しんでいく。

買い替えるよりも、想い出が増える使い方かもしれませんよね。












Go To Pagetop

ロイヤルコペンハーゲンのタイルテーブル


初めて見るデザインが、入荷しました。






ジャーーーン!!!


前回までのシックなコペンハーゲンのテーブルは、こんなタイルでしたが・・・






今回は、こんな深いブルーのタイルです。








見てください、海のような深いブルーに、KAIVOの生地が映っている!!!


これは、前回までのファイアンスの質感とは違ったタイプ。実際にロイヤルコペンハーゲンの

ファイアンス焼きのシリーズの中では、バックスタンプがA(アルミニアのA)と書かれている

シリーズの中に、このような表面がスルッとしたタイプがあります。これは、ロイヤルコペン

ハーゲンの製品を、アルミニア社(コペンハーゲンを買収した会社)の窯で製造していた時に

見られるロゴで、1970年を境に、名前をロイヤルコペンハーゲンに統一していきます。



こういう背景って、楽しいですよね。それから、、、このテーブルの魅力は天板の高さ。


H 54.5㎝ この高さは、キチンと脚のあるソファーに座っていても、、、


手が届く、脚をきちんと伸ばせる、という座る暮らしを考えた、使いやすい高さです。






テーブルがひざ上にあるので、脚を伸ばしても、ゆとりがあり、









個人差はあると思いますが、脚を組んだり、姿勢を替えやすい、天板下のスペースがあります。



ちなみに、こちらのソファ。 SH(座面までの高さ)は約40㎝です。


身長161㎝の私は、膝を伸ばしたりしても、天板下にゆとりがあります。


そうすると、床に座らずにきちんとソファーを活用したい方にはぴったりの高さ。




コロナ禍で進めていたお部屋の片づけの成果として、最近は収納家具やテーブル類

を見に来る方が増えています。冬のお部屋での過ごし方もイメージしての事だと思います。


だって、そうですよね、この冬もお出かけを控えたり、する可能性がありますから。



普段、外出が多い方も、おうちではあまり時間が無くて寝るだけという方も、ご自身の

暮らしの中で大切にしたい時間の過ごし方など、少し考えていただくととても有意義だと思います。



特別なことはできませんが、暮らしを一緒に考えさせていただけると嬉しいです。








Go To Pagetop

ようこそGUESTさん

<< 2024年2月 >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
2526272829  
<< LAST   NEXT >>
更新通知
RSS2.0

Copyright i.d.&company All Right Reserved.