左パネル

  • ショッピング
  • Pickup Item
  • Look Book
  • Blog
  • 店舗情報
  • マイページ
  • help
  • Shopping Cart

BY yuzo hirama | 2020-12-12 12:00:00 | teraviiva テラヴィーバ

前回の続き。




そして、今どきの美術館事情。SNS OKというマークのある作品もあり、

こちらにも数枚ご紹介したいと思います。





1950年代半ばの作品。





RUUTさんは、アラビアに在籍したアーティスト。

有名でインパクトのある作品は、パンフレットにもなっている、、、こちら。




【ライオンに化けたロバ】











ロバが真ん中に、かくれて居るみたいにみえます


そして、有名な蝶の作品へ。今回の展覧会のタイトルも、蝶の軌跡。





彼女のお父さんが、蝶の学者さんだったとは、初めて知りました。









それにしても、うつくしい釉薬の彩。





この後、彼女が釉薬の研究に熱心だったことや、

実際の作品以外にも、アラビア社でプロモーション用に撮影したという

フィルム(モノクロ)も、とても興味深い映像でした。





そして、スケール感が伝えにくいのですが、W120cm近いサイズの作品。





凹凸と、釉薬で、こんな表情になるのですね。





この後、RUUTの生涯についてのMOVIEも会場で上映されていて、


とにかく、とにかく、おもしろかったです。



以前、Minnaさんが

『アラビア社には”6TH FLOOR”に科学者チームが居て、

出したい色を相談すると、焼いて表現してくれるのよ、、、私は自分でするけどね。』


と話してくれたことがありました。



ここで思い出す、宮城県美術館で見てきた、フィンランド展。

アラビア社の、陶器の、”焼き上がりカラー見本”があり、

工業製品としての再現性の高さを知りました。

そこは、やはり、科学者チームの力で表現しているのですね。なるほど!!




と、凝縮した2時間半。

平日だったこともあり、美術館もゆったりしていました。





帰りは車中で仮眠をとりながら、帰ってきました。

そして、Minnaに見てきたよと連絡。

『EMMA!!!』と、思い出してくれました!!!

EMMAとは、エスポー近代美術館の略で、

テラヴィーバの販売は、ルート・ブリュック展の2会場で開催されたそうです。

憧れのアーティストの展覧会場で、販売されるというのは、

とっても嬉しいめぐりあわせ。そして、テラヴィーバの釉薬を見るたびに、

ルート・ブリュックが味わったような、魅惑の世界を感じます。



光(光沢)と、闇(つやけし)のコントラスト、


白土と、赤土のコントラスト。



フィンランドの長い冬と太陽の光を感じるような、

とっても雄大な世界観を味わう事が出来ます。




今回入荷している、最新作は、Minnaに、マットなタイルのリクエストが多いので、

ぜひ創ってほしい、とお願いしていたものです。




今回は、無事に、破損無しで届きました。






さぁ、一緒にテラヴィーバを味わいましょう!!!


デザイナーからの製作に対するコメントはこちらからご覧ください。



******************************


【営業時間】
平日 12:00~19:00

Go To Pagetop

BY yuzo hirama | 2020-12-12 10:36:59 | teraviiva テラヴィーバ

テラヴィーバをご紹介するようになって、5年ほど。

フィンランドのSHOP(販売店)のCLOSEと、移転と、

何よりも、Minnaさんがタイルを作り続けられる環境を整えての、2020年。


ここで、忘れられない出来事が起こりました。





12/6 (日)まで、新潟県立万代美術館で開催されていた、

蝶の軌跡 RUUT BRYK展



11月下旬に、弾丸・日帰り運転で行ってきました。







どうしても、どうしても、どうしても、気になる事があって。



******************************



・・・確か数年前。



Terraviivaから、『ねぇ、RUUT BRYKって知っている?』

と、連絡をもらい、何の話だろうかと思った記憶がありました。



私の中では、ストックホルムの地下鉄の壁画で有名な、Britt-Louise Sundell や、

Frank Lloyd Wright などと同じ、憧れの、とっても素敵なアーティスト。



もちろん、もちろん、知っています!!

だって、タピオ・ウィルッカラの奥さんですもんね。

そしてその時、私のタイルも一緒にMUSIUMで販売されるよ、と、言っていたような。。。



実際に販売されたのでしょうか、その後、美術館どうだったの?と聞いてみたものの、

返事がもらえず。何かうまくいかなかったものかと思い、詳しく聞けませんでした。



なんて言ったら、思い出してくれるだろう。。。



『前に、RUUTの事言ってたよね???』


『RUUT、私も大好きよ。』と、、、あれれ???

私の英語が悪いのでしょう、うまく表現しきれず。

(お恥ずかしいので英文は載せられません・・・)




これは、もう、行ってきて、まずは、見るしかない!!!と、

往復8時間の運転を覚悟し、向かいました。新潟へ。。。

そして、、、会場に到着。




入り口で検温をしての入場でした。
(毎朝の検温もしていますが、無事に入場OK。)


②に続く。

Go To Pagetop

BY noriko niinuma | 2020-07-22 19:00:00 | teraviiva テラヴィーバ

7/23~ いよいよスタートの、テラヴィーバオーダー文字タイル。


先に聞きに来てくださった方もいらっしゃいますが、

あたらめてご案内いたします。


テラヴィーバのTEXTIタイルのうち、このサイズのフォントでお好きな

言葉をオーダーいただける、受注会を開催いたします。







①オーダーしたい、文字を決めていただきます



②文字のレイアウトをリクエスト

(最終的には、デザイナーのセンスにお任せいただきます。)



③文字と一緒にハートを決めてください

RED / BLUE / GREEN / WHITE / ハートなし











オーダーの際のご注意をご確認いただき、受注いたします。



いただいたリクエストをデザイナーに送り、フィンランドで製作。

当店には9月中旬に入荷予定です。




スケジュールについては、随時こちらのブログ等でもお知らせいたします。


国際貨物の為、入荷が遅れる場合もありますのでご了承ください。







さて、文字、何て入れようかしら?!


自分の名前? 愛犬の名前? 愛猫の名前?


好きな曲のタイトル?


原則、アルファベットと数字のみになりますのでご了承ください。



さてさて、私も以前リクエストした時の資料です。









そして、届いたタイルがこちら♪








NORIKOに入れてほしいとリクエストした☆は、


『ハートにしちゃった』 と連絡がありました。



そして、、、


赤いハートのデザインは、お客様の別注品第一号です。


すでに、納品済みで、加工も承りました。



こちらのタイル、室内装飾用なので、厚さは5㎜になります。



日本の規格では、外装タイルは厚さ7㎜の為、こちらのタイルは原則内装用の



資材になるのですが、フレームと接着することで、エントランス用に。









ポストとお揃いの、深みのあるボルドー(RED)で









側面には、3DAYS SCANDINAVIA2020 と


記念にとご相談いただき、カスタムペイントさせていただきました。



さあ、なんてい入れようかな♪




新型コロナ対策を踏まえて、受注期間については、


少し長めに、8/18までとさせていただきます。




県外にお住いのお客様、ご来店が難しい場合は、インスタDMや


ブログのお問合せからもご案内させていただきます。







Go To Pagetop

BY noriko niinuma | 2020-07-21 17:00:00 | teraviiva テラヴィーバ

テラヴィーバのアレンジ。


テラヴィーバの輸入が増えてきた3年目のある日、


残念ながら30枚近いタイルが割れてしまって届いたことがありました。


ガーン!!! 


悲しすぎて、お見せできません。。。



そして、そこから、新しいストーリーが始まりました。


割れてしまったタイルは、もちろん1枚ずつ、割れ方も違う為、


さて、、、何に加工するか、と相談。


割れたタイルを埋めて、テーブルにする?!等のアイディアも

出ましたが、何かもう少し考えたくて・・・。



そんなある日、


Hidemiさんが加工品のアイディアを。


まずは、タイルを丸く切り出す(削りだす)事に成功!



途中、残念ながらさらに壊れてしまったタイルもありましたが、


見てください、この可愛さ♪♪




丸く削られたタイルも、可愛らしい!!!


これは、テンションが上がります。楽しい♪



丸く加工したタイルは、もちろんフィンランドのテラヴィーバでは、

作っていません。


以前、小さいタイル(5㎝角サイズ)を相談したことがありましたが、

製作の手間が同じなので、今店頭に並んでいるタイルと価格が一緒

というシンプルな回答だったため、製作しませんでした。



そして、タイルが丸くなったら・・・



念願の掛時計を作りたい!!!


ということで、試作スタート。



テラヴィーバのタイルが主役になるように、



周りはナチュラルな木部のイメージで、

シルエットも丸がいいかなと。



そして、出来た試作品と・・・加工時にひらめいたという形。








12種類分のタイルが、ぜいたくに楽しめてしまいます。









と、ここで、この木製のレトロなシルエットの掛時計。


この形にたどり着くまでのエピソードもありましたが、


さらに、この形にも、やっぱりタイルを入れたい♪


文字盤の数字の代わりに、こちらはチーク材を埋め込んでいます。


そして・・・



さらに試行錯誤してもらった結果が・・・







こちら。









数名のお客様のお宅にて、活躍中です。先着あと1名様。







いずれにしても、輸送中の破損が減ってきているので、追加のタイルは


今のところ増えないでしょう。





お気に入りの掛時計になかなか出会えない方、



テラヴィーバを楽しんでくださっている方に、おすすめです。











Go To Pagetop

BY noriko niinuma | 2020-07-19 15:00:00 | teraviiva テラヴィーバ

テラヴィーバのある暮らしシリーズ。


こちらは、アウトドアが大好きなお客様の発案です。



きっかけは、タイルは焼成温度が1000℃なので、熱燗を置いても大丈夫ですよ♪


という話から。


Sさん:という事は、この上で、アウトドアでお湯を沸かす、あれ使っても大丈夫?


私:あ!あれですね(名称が分からず、アレと呼んでいます)


 大丈夫だと思いますよ。


Sさん:そして、3辺を囲いたいのだけれど、そうすると・・・


私:あ、耐熱で囲うイメージですか?!


 出来そうですけれど、フレームが木材だと耐火には・・・ちょっと疑問が。

 そして、重くなりそうで、持ち歩くのに不向きかもしれません。。。


Sさん:あ、そうだよねぇ。。。


 いやぁ、風をよけないと、アウトドアでは使いにくいので。何かいい方法考えたいなぁ。



という事で、この日は宿題に。

そして、数日後。

Sさん:これこれ、見つけた!!!

   
  これつかえば、囲いは要らないから、これでいこう!!


私:こんなアイテムがあるんですね!!


  あ、風が程よく入るような穴も開いてる。金属製だから安心ですね。








ということで、こちらの素案が完成。タイルはこんなアレンジに。








BOLIG奥のスペースにある、ばら売りのタイルを混ぜて考えました。






ここから、リクエストの風除けを入れるスペースを考えて、


移動可能な”ボード(鍋敷きタイプの変形)”を製作。


こんな形になりました。


大好きなアウトドアの時間に、連れて行ってくださるそうです。




















風除けは溝に収めてお使いいただけるように。



















店頭にお越しの際、加工のアイディアがある場合はご相談ください。













Go To Pagetop

ようこそGUESTさん

<< 2022年7月 >>
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< LAST   NEXT >>
更新通知
RSS2.0

Copyright i.d.&company All Right Reserved.